読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度こそ

絶望のどん底にいました。

しかし、私はとにかく動かなければと思いました。

 

私はすぐにその園を辞めようと決心しました。

 

親からは「そんなことは社会に出たらいくらでもある。甘すぎる。」「子どもになにもしてあげていない。保育士失格だ。」と批判されました。

 

私の言う事を全く理解しようとはしてくれず、決めつけられ責められました。

 

私だって2度もこんなことになるなんて思わなかった。望んでいなかった。

普通の厳しさとは違う、異常さをどうして分かってくれないのか…。

 

親からの批判にはかなり傷つき、もう保育士や幼稚園教諭として働くこと自体をやめてしまおうかと考えました。

 

しかし、親友が私の気持ちを受け止めて励ましてくれたおかげで前を向く事ができました。私の恩師も味方をしてくれました。

 

親には真っ向から自分の考えを言い、全て自分の責任で行動すると伝えました。

 

そして、知人が紹介してくれた会社で求人を見つけてもらいました。

新しい園の採用試験を受けて内定を頂く事ができ、ギリギリ4月入職に間に合いました。

 

本当に人の縁に助けられたと思います。知人や親友、恩師に心から感謝しました。

 

同時に最悪な事もありました。

前の園を私に紹介した会社の担当者が個人情報を漏洩したため、トラブルになりました。

 

保育の仕事を専門に扱うかなり有名な紹介会社なので利用されている方はかなり多いはずです。なのに、きちんと園の情報を把握していなかった事にも驚きです。

 

こちらの条件は最初にきちんとお伝えしたにもかかわらず全く内部事情を知らない園を紹介されたのです。にも関わらず私が辞めたことに腹をたてたのか不機嫌な声で電話をして来る、あろうことか、個人情報が全く守られなかったなんて…。担当者が復讐のつもりであえてそんな事をしたのなら絶対に許せません。その会社にはきちんと報告させて頂くつもりです。

 

もう二度とその紹介会社は使いませんし、人にすすめることもしません。

 

色々ありましたが、これできちんと自分の道を選ぶ事ができました。

我慢しようとしなくて良かった。

周りに責められながらも決断、行動して良かった。

今そう思うことができました。

 

同じように悩まれている方がもしこれを読んでいるなら、どうか自分を犠牲にしないでください。

 

自分のために行動することは、決して悪いことではありません。

 

保育士や幼稚園教諭として働いて生きていきたいと思うなら、心が壊れてしまう前に逃げてください。

 

周りから責められても、それを受け止める必要はありません。

 

どんなに失敗しても前向きに行動していれば、良い園にきっと巡り会えるはずです。

 

あなたを必要としている素晴らしい園はかならずあります。

 

そして、間違っている事を見つけたら子ども達のために声をあげてください。

 

日本の保育の現状は、少しずつでも変わっていくはずです。

絶望

新しい園での研修が始まりました。

 

そこで偶然、昔の懐かしい知人に再会しました。

 

同じ職場で働けるのだと喜んでいたら、彼女は。

「でも、私もう辞めるんです。」

 

彼女は私よりも若く、退職するには早くないか?と私は感じました。

 

そこでなにか嫌な予感がしたのです。

 

研修が終わってから、彼女と話しをしました。

 

私はまた失敗をしてしまった。

またブラックな園に入ってしまった。

 

友人の具体的な話によると。

・園長からのパワハラ。それが原因で精神を病んだ人が何人かいたとか。

・園長が保護者や、近隣の人の悪口を言う。

・園長の息子は気に入った職員にしつこく絡み、気に入らない職員には冷たく当たる。

・結婚したら園長から目の敵にされる。

・妊娠のことについて口うるさく言われる。

・「残業をなくそうとして頑張っている。」と言っていたのに真っ赤な嘘。毎日サービス残業をさせられる。

・職員が子どもに暴力をすることがある。園長はそれを知っても見て見ぬふり。

 

私はただただ悲しくなって、怒りをおぼえました。

2度もブラックな園に当たるほど、日本の保育現場は腐りきっているのか。

それとも私に運や見る目がなかったのか。

 

しかし、もはや園長の面談や園見学だけではなにもわからないのだと悟りました。

 

しかし、どう判断して決めればいいのか。

 

もう疲れきってしまって何も考えられません。

 

もう保育士や幼稚園教諭になれる自信などなくなってしまった。

 

「普通の仕事がしたい。」

そう思ってしまいます。

 

私はもう眠れません。

胃が痛む。

明日、私はもう行けないでしょう。

 

いつになったら普通に働いて自立できる?

いつになったら親に迷惑をかけないで生きられるようになる?

何故 2度も劣悪な労働環境に入ってしまったのでしょうか。

 

こんな問題を野放しにしている日本が憎い。

「社会に出るのは辛いものだ。」と片付けてしまう日本が気持ち悪い。

「今時の若い人達はこらえ性がない。」という人達に怒りがわいてくる。

 

子どもを笑顔にしたくて、子ども達の明るい未来を育んでいくために頑張りたくて資格の勉強をしてきたのに。

この地獄はなんだ。

 

腐りきった環境のなかで無力感だけが大きくなっていき、辛い。

1年の経験も積んでいない私に、なにが変えられるというのでしょう。

 

私はもうなにもできません。

逃げていい事もある

あれからしばらく経ち、久しぶりの投稿になりました。

 

私はあれからあの最悪な幼稚園を辞め、新しく子ども園に就職が決まりました。

 

最後に園長と園長の奥さんから電話があり

・辞めるのを残念に思っていること

・ あの子(虐待されていた子)なら心配いらないきちんと対応していくということ

・研修中のお給料を払うのでまた連絡するということ

などを伝えられました。

 

しかし、やはり最悪な園だったと確信しました。

辞めたのは2月の10日あたり。しかし今現在まで園からの連絡は一切なし。結局お給料は払われていません。

 

最後にあの子なら心配ないと電話で伝えてきたときも、本当に子どもを大切に思っているのではなく、私がどこかに通報しないように圧力をかけるような言い方でした。

そもそも、本当に子どものためを思って対応するなら私が研修中に報告した時にすぐに動いていたはずです。

 

今回目撃した虐待行動については、辞めたらすぐにでも専門機関に通報しようと考えていました。

 しかし、恩師から「それがきっかけで幼稚園の連盟に名が知れたら、あなたの転職に不利になる。」と止められていました。(実際こんなことはあるのでしょうか?)

 

でも見て見ぬふりはどうしてもできません。明日、専門機関に通報しようと思います。

 

正直、あの園には怒りしかありません。

 

これからは保育士や幼稚園教諭の養成と同じように、園の経営者の教育もしっかりしてもらいたいと感じました。

 

子ども達や職員に対してこんな仕打ちをする園がまかりとおっているのでは、日本に未来などありません。

ブラックが与えるダメージ

辞める決意をしてからすぐ転職エージェントのサイトに登録をした。

自分で探しても見えてこない部分まで教えてもらえたり、聞きづらい条件まできちんと調べてもらえる。

もう失敗はしたくない。

 

ただ、正社員にはもうなりたくなかった。

「どこに行っても幼稚園の正社員はブラックなんだ。」

どこかでそう思っていた。

 

ブラックな幼稚園で研修をしただけでも、心に思った以上のダメージが残っていた。

求人情報を見るだけでも胃が痛くなるほどだ。

 

パートで働ける園を探してもらい、明日とりあえず面談と説明会の予約をとってもらった。

 

その話を母親にするとやはり叱られた。

「そんな不安定な!せっかく大学出たのに!」

「病気とかなったらどうするの!正社員なら保証してもらえるのに。」

私は最初はカッとして言い返したが、ふと冷静になって考えた。

 

「きちんとした園なら正社員でもちゃんと働けるんじゃないか。」

「何年かやってみて、それでもパートがよかったら変えればいいかもしれない。」

「正社員としての経験も積んだ方がいい」

「私は本当はパートでの補助じゃなくて、担任をしたかったんだ。」

 

「…やっぱりもう一度正社員で探してみる。」

4月までまだ間に合う。

もう一度、今度こそ子どものための保育をしている幼稚園を頑張って探していこう。

保育者失格

今日とうとう限界になってしまった。

 

朝駅までは行けたのに、電車に乗れなかった。

 

泣きながら親に「行けなかった」と電話した。

当然母親は怒る。

 

幼稚園に連絡し、月曜日に園長と話がしたいと伝えた。

 

家に戻る途中で偶然、出勤途中の父親に会った。

顔を見た瞬間に涙が勝手に出てきた。

幼稚園に行けなかった事を伝えると。

「社会人なら多少の人間関係のしんどさはあるぞ?」

「まぁでも、そんなに辛いなら辞めて他の道を探しなさい。」

「お母さんにもちゃんと話しなさい。」

 

家に戻るとやはり母親は怒っていた。

「なに?風邪なの?ちゃんと体調管理しなさい!」

私は体の不調だけではないことを伝えた。

すると

「そんなん社会人ならしょっちゅうあることでしょ!?」

「あんたいっつもそうじゃない!」

「何故きちんと調べて就職しなかったの!」

私は小声で反論するのが精一杯だった。

母親はきつい声をぶつけてくる。

疲労感とか絶望感、そういったものが体のなかでドロドロしていくような感じがした。

足元がグラグラしていた。

 

「あんたが辞めてもその子達はどうするの!?なんのために勉強してきたの!」

母親のその言葉を聞いたとたんに頭が真っ白になってぼーっとした。

荷物を投げ捨てて外に出て歩いた。

 

色んな事があたまでぐるぐる回る。

「あの子を見捨てたのか」

「体が動かない」

「また親に迷惑をかけてしまう」

「情けない」

「もう先生になんかなれない」

「全部無駄になったんだ」

「役立たず」

「消えたい」

「楽になるかな」

「消えたい」「消えたい」「消えたい」

 

家に戻り私は何故か(このあたりから記憶が薄い)荷物を持って母親に「私が死んでも大丈夫?悲しまない?よね」という感じの事を口にして母親が話しかけてくるのを無視して出ていった。

 

そこからはどこをどう歩いたのか覚えていない。ただ「ちょっと道をそれて歩いたら車にぶつかるかな。痛いかな。」とだけ考えていた。

ふと「今まで良くしてくれた恋人や家族や友達に最後になにもメッセージを残さないのは失礼だな。」と思って公園のベンチに座り、ノートと鉛筆でメッセージを書いた。

ふとスマホを見ると父親・母親・妹・弟の家族全員からの着信があった。驚いた。

留守電のメッセージを聞くと母親が

「自転車で探したのにいないじゃない!どこなの?もう出掛けなきゃいけないし、電話して!」

私は「ああ、迷惑かけないようにしなきゃ。」と思い、母親に電話をかけた。

「もしもし?出掛けてきていいよ。」

 

「やっと電話でた!今どこ!?あんな事言っていなくなったら心配するでしょ!残された人はどうなるの?とりあえず帰ってきなさい。」

残された人はどうなるの?

その言葉をよく考えてみた。

恋人と家族の顔が浮かんだ。

確かに、私なら想像できないくらい悲しくなる。

 

少しはっとして冷静になり、とにかく家に戻ることにした。

よく知らない公園にたどり着いてしまったので、帰り道に迷った。

 

もう「消えたい」とはあまり思っていなかったが、「帰っても必要とされない。お荷物だ。邪魔なだけだ。」と憂鬱な気分だった。

 

帰ると母親が車に乗っており、出掛けようとしていた。

「あんたひとりにできないわ!戻ろうか?」

「いや、いい。大丈夫。家にいる。」

 

そして今やっと落ち着いた頭でこれを書いている。

次の仕事を探すため、とりあえず転職サイトにも登録した。

 

今思い出しておぞましくなった。

本当になにかの拍子にスッと車にぶつかりにいけそうだった。

車を運転している人に迷惑をかけたり恐い思いをさせなくてよかった。

家族に悲しい思いをさせなくてよかった。

 

これで正しかったのだろうか。

いつか「あの時にこうしてよかった」と思えるようになるだろうか。

結局、なにも変わらない。

体調を崩し、研修を2日ほど休んでしまった。

休む前日、夜真っ暗な部屋で眠ろうとすると急に不安な気持ちが襲いかかってきて「このままで本当に大丈夫なんだろうか」「担任を任されたら途中では辞められなくなる」など、色々考えてしまい眠れなくなった。

朝とにかく目覚ましで起きはしたが体は重く、とにかく泣きたい気持ちになった。なんとか着替えて玄関を出たが、今度は足が動かずお腹がいたくなった。

「今日は無理だ」

ギリギリまで耐えたが、もう間に合わないと判断し迷惑はかけないように休みの連絡を入れた。

その日はゆっくり休み、気分転換もした。

しかし夜になるとまた不安に襲われる、明日の事を考えると吐き気がする。

朝起きるとやはり出掛けることはできず、休みの連絡を入れた。

 

先生からの励ましの言葉で吹っ切れたはずだったのに…。

 

研修が終わった後、同期の友達が連絡をくれた。私の体調を心配してくれていた。

 

しかし、再びあの子(給食を吐くまで食べさせられていた子)に対して担任が虐待行為をしていたことを知らされた。

皆が帰った後の真っ暗な部屋で、ひとり給食を食べさせたり。鬼の面をかぶって脅し給食を食べさせていたそうだ。

 

変わらなかった。

 

園長にきちんと事実を話し、園長はそれを先生に伝えておくと言っていたのに。

 

私が行動してもなにも変わりはしなかった。

 

私があの園に残る意味はあるのか。

自分が壊れてしまうだけではないのか。

そうなれば、本当にしたかった事や夢はもう二度と叶わなくなるのではないか。

 

担任を任される前に逃げるべきだろうか…。

 

もし私が辞めるとしてもあの子に対する虐待行為だけは見逃せない。

どこか他のところにきちんと通報しにいくつもりだ。

あの子にしてあげられることは、もうそれくらいしかない。

自分が情けない。

 

追記:園長からも電話がかかってきた。

「うちの園で色々見たショックでしんどくなったのかと思った。まぁ同期の人達とチームワークで頑張ってください。」

園の問題に気づいてるなら、責任者としてきちんと改善するべきではないのか。

私たち新人が頑張って間違っていることを指摘しても、何も変わらないなら意味がない。

対価を払わない経営者

研修がはじまって先輩の先生方(優しく接して下さる方)に色々なお話を聞けるようになり、この園の劣悪な労働環境が見えてきた。

募集要項には8:00~16:30までと表記されていたにもかかわらず、残業は19:00までで早い方だとか…。さらに行事前は22:00ごろまで残業が続くそうだ。

驚いたのは16:30からの残業代が一銭も出ないこと。(ゴム手袋さえ買ってもらえない園だから、なんとなく予想はしていたが…。)

こんなに堂々と違法な労働をさせられるとは思いもしなかった。

 

何のために子どもの専門的な知識を身につけ、必死に勉強して幼稚園教諭の資格をとったのか。こんなブラックな環境で働くためにわざわざ頑張っていたのかと思ってしまう。

 

経営者は本気で子どものために保育を行っていこうなどと思っていないのだろう。子どものための保育に対してそれだけの対価を払おうとしないのだから。

保育者のモチベーションが下がってしまうのも納得である。

 

ほとんどの園での労働環境がこんな状況なら、パートで働いた方が良いのではないかと思うほどだ。正社員ほどの感情労働はしなくてすむのだから。

 

これでせめて人間関係が暖かいものであるならまだ続けられるかもしれない。しかしそれさえ叶わないのだ。

1年目の先輩は上司に業務上の質問をしただけで、キツい先生グループに陰口を叩かれるのだから。(こういう話を聞くといつも思ってしまうが、いい歳していつまで中学生のイジメみたいなことをしているのだろう。大人としてきちんと成長できていない者が子ども達の保育をしているなんて。)

 

園長も、私たちに本気で園を変えてほしいと思うならきちんと対価を払うべきではないのか。

 

「とりあえず1年だけ頑張る」という私の決意はまだ変わっていない。

このままの状態なら1年たったら必ず他の園か、他の道を探すだろう。

 

現に研修中の給料を払ってもらえるのかどうかもわからないままなのだから。

不信感はつのるばかりだ。